CO2と温暖化の問題は解決できる、らしい

2 min 63 views

いまやハッキリと問題になっている、CO2排出と地球温暖化。

このまま放っておくと、いま生まれた子どもたちが大人になるころ、地球環境は大激変してしまって食料が大幅に不足するらしい。

いま大人な私たちも、高齢者になるころに食べたいものが食べられなくなる。

さあさあ、本を読んで考えて、行動に移そう。

CO2が増えるとどうして温暖化するのか、知ってる?

ところで、CO2が増えるとどうして温暖化につながるのか、理屈を知ってる?

さとう

さとう

さとうは理系に弱いので、知らなかったよ

この本によれば、CO2が溜まった地球は、主に太陽から送られる赤外線に「電子レンジでチン」されている状態。だから温かくなっていっている、ということらしい。

レンチン!まさかって思ったけど、わかりやすい説明だわ。

さとう

さとう

生きながらジワジワとゆでられる感じかよ、って思うと怖い。

著者は真剣にCO2問題に取り組んでいる

CO2を減らすためにはいくつか方法があるらしい。

でも、いわゆるオトナの事情でうまくいかない、と著者は説明する。

人間って、変な生き物だ。

地球上でしか生きられないのに、地球がオカシクなるぞーって科学者が言っても、ほかの理由や主張が優先される。

著者は、そもそも温暖化からCO2に興味をもったわけではない。

小4の時に読んだスティーブン・ホーキング博士の子ども向け冒険小説「宇宙への秘密の鍵」シリーズの中に載っていた火星の青い夕陽の写真をみて、興味をもったそう。

火星に行きたいが火星の空気の95%がCO2だから、CO2の勉強を始めたらしい。

さとう

さとう

おお〜。子どもの興味って、大事に育てるとすごい理論や発明につながるんだ。

本の中で、「ひやっしー」という世界最小サイズのどこでもCO2回収マシーンを紹介している。

ちょっとお値段が高いサブスクだけど、余裕のあるかたにはぜひ試してほしい。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

さとうは理系に弱い(もう何回も言ってるが)

でも、地球上でエネルギー問題や温暖化問題が話し合われていることは知っている。

だから弱いなりに考えていることがあった。

それは

  1. CO2を資源として回収して、何かに有効に使う方法を考えてほしい
  2. 雷の電気的エネルギーをどうにかして蓄電できる方法を考えてほしい

この2つだ。

本屋に行って棚を熱心に見てたら「えっ?」っていうような本が目に入った。

サブタイトルの「二酸化炭素が地球を救う」に、目が行った。

だって、CO2問題を解決する、じゃないのよ。地球を救う話なのよ。

読むしかないじゃない?

しかも「ひやっしー」を紹介してた。くわしく読みたかったの。

まとめ:本の紹介

子どものころの夢を追い、CO2問題に挑む若い科学者の、現実と未来の話。

今しなければならないこと、現実での問題、CO2が切り拓く未来について、小学生が読んでも理解できる文章で書かれている。

本の終わりにはColumnとしてちょっとしたクイズがあり、自分で考えることの大事さをあらためて実感する。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。