ダサいって思われたくないよね

2 min 28 views

オシャレを考えるのはめんどい

人には、オシャレに努力する人と「めんどくせー」と考える人がいると思うの。

さとうは、後者。

化粧はなるべくしたくないし、流行だからって新しい服を買いに行くのも面倒。

似合う格好が見つかれば、ずーっとそれでもいいかなと思ったりする。

ただ、オシャレについて勉強もしないし努力もしてないので、何が似合う格好なのか、さっぱりわからない。

そして問題なのは、勉強もしないくせに「ダサい」と思われるのは嫌だな、という見栄っ張りであるということ。

これでもね、半世紀は生きてきたので、それなりにT.P.O.に合わせた格好はしてきたつもりなんですよ。

まあ、冠婚葬祭はだいたい着るものが決まってくるから、手間はかかるけどそんなに面倒な感じはないの。

面倒なのはむしろ、ちょっとした日常よ。

どういう集まりで、誰と会う、何をする、今後も続く集まりか ✖️ 季節とか土地柄とか、 ということを考えて、手持ちの服でやりくりするわけなんだけど。

センスがないよなって自覚してるから、考えるのが面倒。

しかも、毎日考えなきゃならない。

 

オシャレリーダーのアドバイスもめんどい

そういうのを解決するために、雑誌やテレビでいわゆる「ファッションアドバイス」の特集をやるんだと思うのね。

でも。

もともとファッションに興味のある方がアドバイスするので、面倒くさがり屋のさとうには、ハードルが高い。

「セットアップを1セット買えば、こんな風に着たりあんな風に装ったりできます」ってさ、そもそもジャケットやカーディガンなんて、着ないし買わない。

歳をとって体型が変わってきたので、セットアップとして買えるものがそんなにないの。そりゃお高いブランドならサイズも豊富なのかもしれないけれど、さとうが欲しいのは「ちょっとした日常」の服。

かすかに聞いたことがあるな、くらいのハイブランド名をあげられても、どこでそんなもの買うのよ?って感じだし、いくらするのよ?って感じ。

リーズナブルなブランドの服だと「こんな風にアレンジするとオシャレ」って紹介されるけど、着たまんまでオッケーっていう紹介はない。

面倒くさがり屋ってさ、要するにアレコレしたくない人なのよ。

アレンジとか工夫とかをする人は、オシャレが面倒じゃない人だよね。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

オシャレってさ、時間と気力とお金が必要になる。

「ダサいって思われたくない」という見栄もあるので、最低限は考える。

中古本販売店でこの本を見つけたときは、お、なかなかいいじゃん、と思ったの。

なぜって、タイトルがわかりやすい。

これ以上、さとうにとってぴったりなタイトルはないってくらい、わかりやすい。

そうなんだよー、正直、服はめんどくさいけどオシャレには見せたいという見栄っ張りな欲があるのさー

しかも取り上げているブランドがユニクロ(とその周辺クラス)だから、ちょっとした日常にピッタリだった。

だから、時間と気力とお金がないね、と思ってる面倒くさがり屋の女子は、見るといいよ

まとめ:本の紹介

オシャレな人を見る事が好きなズボラでグータラなアラフォーののどかと、のどかの家の居候猫のみにゃ子が掛け合い漫才のように話しながら「ものすごく簡単におしゃれに見せるルール」を伝えてくれます。

ポイントとなるところはイラストと3コマ・4コママンガが描かれてあって、わかりやすいです。

今までもこういう本はあったと思うけど、のどかとみにゃ子の話し方が、自然で普通で面白かったのよ。

実はのどかさんは、ブログもインスタもなさっているファッションコーディネーターでした。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です