特権を持つってどういうことかな

3 min 18 views

女帝は強く賢くいて欲しい

遺伝子工学と教育が生み出した、太陽系を統べる女王アグノーシアが主人公。

この本の中のアグノーシアはとても賢い人なんだけど、「アグノーシア」って言葉を調べようとすると「無知」という意味があるらしいと解説するグノーシス主義の記事とか、「失認」という症状を表す言葉だと説明してる作業療法士実習生のブログとか、EDENっていうマンガの中で「無智」という意味に使われているとか、まあ、真逆のイメージの説明が出てくる。

女王には実は姉がいて、名前が「アヴァター」っていうんだ。

女王は太陽系のジェネラル(太陽系の総司令官)でもあるんだけど、アヴァターは姉なのにジェネラルにはなれなかったのね。

作家の言葉の選び方・使い方には意味があると思うんだけど、ホント、いろいろ妄想がわく。

アヴァターなんて、2009年の映画を見る前はよく知らなかった言葉だよ。

なのに著者は1994年に書き始めた作品で、象徴的な使い方をしてる。

ジェネラル・アグノーシアは強く賢く前向きで、政治的な才能にあふれているけど、姉はそうではなかったらしく、気ままに鬱憤ばらしをするように言葉を射る人なの。

でも裁判で相対してジェネラル・アグノーシアは、好き放題にしゃべり倒す姉に心のどこかでうらやましさを感じるのよ。

うらやましいってさ、自分にこんな要素があったらいいなおもしろいだろうな、って思うことじゃないかな。

だからジェネラル・アグノーシアにとって姉は、現実的ではないけどごく部分的に分身の位置に立つキャラなのかもしれない。

………という風に妄想したりするんだなー。

でも、3つの勢力が覇権を争っているときに太陽系のジェネラルをやっていただくのなら、やっぱりアグノーシアのような、強く賢く優しく明るい人がいいよね。

人の上に立つ人物には、それなりの資質が求められるんですよ。

なんでも好きにできる「権力」だけを求められても、ねぇ?

特権は使い方を誤ると悲劇

さて、この話には、わかるようでわからない「アルカイック・ステイツ」が大きな役割を果たしています。

さとう

さとう

タイトルになっているくらいだからね

アルカイック・ステイツとは何か。

文庫本の裏表紙には「古代銀河帝国のリアルな蜃気楼」って説明されているけど………「リアルな蜃気楼」って言うだけでもう、SFチックだなーって思う。

だって蜃気楼って、密度の異なる大気の中で光が屈折し、地上や水上の物体が浮き上がって見えたり、逆さまに見えたりする現象、のことを言うのよ。リアル、じゃないのよ。

それなのに、この話の中ではリアルに人と話したりモノを受け取れたりする世界なの。

しかも誰でもできるわけじゃなくて、ステイツ側に受け入れられる人とそうでない人がいる。

だから、ステイツの力を利用できる、っていうのも一種の特権になる。

ステイツが味方についている、と豪語してジェネラルに対抗していたアヴァターとその連れ合いは、いろいろと好き勝手やったあげく、次にジェネラルに会うときは身の丈10センチにも満たない小さな姿に変えられていた。

だからさ、訳がわからないのに力が使えるからって好き勝手やっちゃいけないのよ。

訳がわからないから、自分たちじゃ元どおりにはできないじゃないの。

もしかしたら一生、元通りになれないかもしれないのよ?

チカラを使いこなすって、しっかりした思考がないと危なくてしょうがない。

みんな、気をつけようね。

特権は、やたらと欲しがるモノじゃないわ。

面白いのは、生きたまま分解される設定

この話は「アヴァターが破壊された」ことから始まっていくんだけど。

アヴァターは死んでないの。

破壊されたけど、生きてるの。

細胞レベルにまで微塵にされたけど、血は一滴も流れてない。

そんな!?

………って思うでしょ?

しかもアヴァターを破壊した者は、アヴァターを、と言うかアヴァターのかけらを袋詰めにして持ち去るのね。

いやあ、傑作なアイデアだわ。

何しろ、死んでない。ってことは復元できる想定だよね?

いやあ、面白い。

で、思い出したのが、「微睡みのセフィロト」っていう話。

確かアレにも、生きたまま人間が混断(シュレッディング)されるという設定があった。

人体を空間ごと超次元的手段で刻んで300億の立方体に切り分けたという設定。

「微睡みのセフィロト」については、こちらで紹介してます。

具体的な映像は浮かばないけれど、相手を殺さず人質にとる手段として、こんなことを考えるんだ、と面白く思ったね。

このアイデアのいいところは、スプラッタではないところ。

ホラー映画のように血が滴る生々しさが感じられないところ。

だってさとうは、ホラーが苦手なんだもん。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

1981年に「アルタード・ステーツ」という映画が公開されて、それを見たさとうはぶっ飛びました。

で、タイトルがね、似てたんだよ。アルカイック・ステイツ、だもの。

話がどう違うのか、興味があって、読みました。

なんて単純なんだろ、と思うでしょ?

単純なんだよ、さとうは。

まとめ:本の紹介

28世紀、太陽系をめぐって3つの権勢がせめぎ合う。太陽系を版図とするジェネラル・アグノーシア、宇宙航行種族による権威評議会、アルカイック・ステイツのパワーバランスは、しかし、一人のテロリストによって崩壊し、生きていくための再構成が始まった。

アルカイック・ステイツのわけわからなさもなんか面白い。

解説には、この話は歴史と革命とについての小説である、と書いてあります。

この本が刊行された当時に鑑みれば、そういう解釈が妥当だったのかもと思います。

でも、さ。

いま読むなら、もっと気軽にストーリーを楽しんでもいいかなって考えるね。

さとうはこの話にそれほど革命などの重みを感じずに読みました。

それは、さとう自身が日本の金融市場におけるバブル期やバブル崩壊にあまり巻き込まれなかったというラッキーのおかげなんだね。おいしい思いをしなかった代わりに、被害も受けなかった。

だからわりと、フラットな気持ちでストーリーを楽しめた。

20世紀に書かれた話なのにジェネラルは女性で妊娠し出産を迎える中で世界のために働いています。

スピード感やディテールは今風ではないかもしれないけれど、読んで欲しいな。

実際に妊娠するとか出産するとかは別として、女子にはそういうことを自分で決められる特権があるんだな、と読み終わったあとで考えたりするのよ。

自分の頭でよく考えれば、特権は自分のそばにも存在するのかも。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です