男がこどもに固執すると犯罪に近づく

3 min 50 views

こどもはモノではない

世の中の、離婚騒動で間違いなく面倒ごとになるのは、こどもの親権をどうするか問題だよね。

たいていの場合、自分が親権者になりたいと、父も母も手をあげる。

こどもの立場になってみれば、こんなに困る問題はない。

どっちも親だから選べないことが多いし、自分の未来に関わる問題なのに自分で判断ができない。

なんでこんな話を始めたかというと、この本は医学系SFミステリーだったの。

今となっては医学系SFの部分が古くなった感じがするけど、問題な点は何も変わらず現在も問題なまま、存在してる。

こどもは、モノではないんです。

大人の都合でアレコレされていいわけはないんです。

さとう

さとう

こどもは神様からの授かりものなのよ

なのに、結局、人は「俺のこどもが欲しい」とか「可愛いこどもが欲しかった」とか、欲求の対象としてみてることが多いのね。

この本の話は、そんな欲求の行き先についてのミステリーだった。

染色体はときに孤独を生み出す

この本は、序章の舞台がヴェトナムなの。

もうそれだけで「おや?ヴェトナム戦争の枯葉剤の悪影響の話?」って感づいちゃう。

ただ、それが話の流れとどう結びついてくるのかは、読み進めないとわからない。

なぜなら、枯葉剤とは関係のない人々も大勢出てくるから。

ヴェトナム戦争における枯葉剤の作戦は、ナチスのユダヤ人迫害と同じくらい酷いもの。それは個人でしっかりと学んでほしい。

さとう

さとう

ここでは、「枯葉剤の影響」が「染色体の変化」になって話を組み立てる要素になっている。

でも、染色体の変化というか異常は、原因不明で起こる病気のようなモノなの。

あるいは原因はわかるけど治療が難しい病気のようなモノなの。

それは、社会に十分な余裕があって支える手がたくさんあれば、みんなそれなりに穏やかに幸せに暮らせただろうに、ってところにつながる。

だけど本では、そういう社会には程遠いところで暮らしてきたってところに話が流れる。

染色体が孤独につながる点は、ここ。

  • こどもの頃の環境が、自分に親身ではなかった(虐待を受けていたこどももいる)
  • 未来を含めて社会に誰も、自分を正しく理解して寄り添ってくれる人がいない

染色体の変化(または異常)によるハンディキャップには、すごく大変なものもあって、関わっている皆さんは苦労が多い。

この本の中でも、極端な症例を「入院患者」として紹介している。

社会の側は正しい理解が進んでないのよね。

差別につながっちゃうのが怖いから、こちらも詳しく聞けないし、あちらもなかなか話しにくいだろうし。

さとう

さとう

だから正しい知識を勉強しないとダメなのさ

この本には、そんな際どいラインの話を書いてあるんだよ。

染色体の変化のおかげで、ひどい孤独感に悩まされながら生きてきた男の話が中軸になる。

バイオテクノロジー的にはそんなに目新しい話ではなくなった。

だからと言って「単なる空想だよね〜」とほったらかしにしていい話題でもない。

今こそ、こんなことが自分の身近で起こってたら、どうするべ?と考えてみよう。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

タイトルの意味は、昔は本を読んでみないとわからないよ、と言えた。

が、今はレビューですぐバレる。

さとうは、タイトルの不思議さと、序章をチラチラ立ち読みして「なんか面白い展開になりそう」と思って買いました。

買った当時は、おもしろかった。

今は、理屈の部分がちょっと古くなったかも、と思ってる。

でもまあ………皆様のレビューでのツッコミどころは理解できる。

けれどさとうはね、最後のページが書きたくて著者はこの話を書いたのではないのかな、な〜んて勝手に思ってる。

だってさとうも、最後のページが読みたくて読み返したりするから。

だからはじめて読んで、その感覚を味わいたい人は、最後から読んじゃダメだよ。

一回しか味わえない感覚をダメにしちゃうから。

まとめ:本の紹介

アメリカで起きた夫婦冷凍殺人事件。日本では変わった成長の兆候を示す少女の存在。そして分子生物学の研究者と医師の恋人たち。

登場人物たちが運命の歯車に乗せられて、自分自身の現実問題に向きあいながら生命科学の闇に近づいていく。

アメリカの事件を追い続ける元・刑事が、その闇の元にじわりと歩み寄ってきていたが………

さとうの持ってる文庫本は平成15年初版だけど、この話自体は平成12年に単行本として発表されている。

平成12年って2000年よ。

もう西暦に統一したほうが良いかね?

さとう

さとう

そしてその年の「横溝正史賞」を受賞している(今は横溝正史ミステリ&ホラー大賞になってる)

でも個人的なことを言うと、横溝正史賞って、この本でオッケーなん?って印象だった。

まあね、公募の新人文学賞なので、いいのかもね。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。SF以外の本についても読む楽しさを分かち合いたいです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です