女性の人生は二者択一ではない

3 min 31 views

【スカーレット・ウィザード 2】あらすじ

クーア財閥の副総帥となったケリーは、会社を視察しながら現状を把握し始める。

ジャスミンが言うとおり、役員たちの中にはジャスミンを「お嬢さん」扱いするものがほとんどだった。

これから財閥の問題点を取り除こうと計画するふたりだったが、ジャスミンの親友が家に押しかけて来る。

それだけでも面倒なのに、夫婦にとって久しぶりにいい雰囲気になろうとしていたところに事件が起きた。

社用で使う宇宙船が一隻、消息を絶ってしまったのだ。

だが、宇宙空間をジャンプする”門”が閉じてしまい、その宇宙船を捜索する・しないを言い争うことになる。

そんななか、ジャスミンの妊娠が発覚してしまった!

妊娠の話はややネタバレですが、でも本の裏表紙に書いてあるのよ。読む前に「お?」とわかっちゃいますが、ますます読む気が出てきます。

仕事も妊娠・出産も計画的に

ジャスミンが超ド級の肉体・精神力・知能・立場を持っているのは、1巻でご存知かと思います。

そんな忙しく非常識な行動の多いジャスミンでも、夫を迎え「その気の行動」をとれば、妊娠は可能。

本人としては計画的に進めただけのことなのです。

そう、計画的に、進めました。

問題は、    

  1. 自分だけが理解していた計画でした
  2. 予測外の事件が起きてしまいました

………ってことです。

女性の人生は、とにかく計画がないとうまく進みません。

仕事のキャリアと、プライベートでの希望・欲望をかなえるために、時間とお金とエネルギーをうまく配分する必要があるからです。

女性のプライベートには、妊娠・出産という肉体的に時間的制限のある条件がくっついているのです。

だからジャスミンは、計画的に正しい順序で妊娠しました。

それを知らされてなかった夫のケリーは態度が冷ややかになり、妊娠についてジャスミンと話し合うもののますます頭を抱えることになるのです。

だってさ、

それは寝言か?海賊。妊娠したのはわたしだ。従って、産むか産まないかを決めるのもわたしだ。おまえの意思など関係ない

ジャスミン

ジャスミン

もっとわかりやすく言ってやろうか。種馬は種をつければ用済みなんだ。おとなしく引っ込んでいろ。わたしのすることにいちいち口を出すんじゃない

ジャスミン

ジャスミン

まあね、仮にも自分の夫に「種馬」よばわりはきついねぇと思います。

でも結局、妊娠するのも女性、出産するのも女性なので、男性に決定権はないと考えるほうが筋は通っている気がします。

人生にはいろいろな出来事があり、自分の思うとおりには進まないところがあります。

それでも、というか、それだから、人生の計画は自分で責任と勇気を持って考えておくことが大事でしょう。

妊娠・出産があるからといって、仕事のキャリアを積むことを諦めなくてもいいのです。

支援策として打ち出されているあらゆる方法を使い倒すことを計画に入れて、人生を前に進めていきましょう。

大事なのは信頼できる人間関係

ジャスミンもね、すごいストレートな言い方ばかりして呆れるのですが、信頼できる相手には真摯に向き合っています。

妊娠しているのに戦闘機に乗って行方不明の宇宙船を捜索に行く、とジャスミンが頑強に主張したときも、ケリーにはジャスミンの思考が理解できたし、いざとなったら自分が助けに行くしかないのさと腹をくくってました。

ジャスミンも、そうとは話してなくてもきっと何かあればケリーが出て来てくれると信じていたわけです。

話を読み進めるとケリーと以心伝心できていて、信頼関係があることがわかります。

親友のジンジャーや昔からの知り合いのコーエンとの間でも、ジャスミンはいつもストレートに、偏見なくつきあって来たようです。

女優のジンジャーは

「あの人わね、わたしのように演技はしない。嘘も言わない。でも、肝心のことは何も言わない人よ。あなたの手に負えるかどうか試してみるのね」

とケリーに言ってます。

他人と真摯に向き合うのは、ものすごくエネルギーのかかることです。でもジャスミンは自分が認めた相手とはそうやってつきあい、信頼関係を築いてきたんだね。

仕事の場面のみならず、生きていくときに困ったことは不意に起こります。

でも、信頼できる人間関係があれば、助け合うことで乗り越えていけるもの。

「女同士は嫉妬まみれ」「女同士には友情なんてない」という三文週刊誌みたいな時代遅れの考え方は、女性ならとっくに捨てていると思います。

信頼できるステキな人間関係を築けるように努力しましょう。

さとうがこの本を読んだ理由

まあこれはシリーズものなので、1巻を読んだら2巻も読む、というフツーの流れです。

ただ、面白くなかったら読まないので、1巻も面白かったという証拠になりますね。

主人公は女性で、いろいろと有利な条件がそろっている人物です。

このシリーズを読んでみて思うのは、彼女と周りの人との会話の中で、女性としてはモヤッとするなという言葉が出てきて、それをジャスミンがバシッと言い返して終わる場面がまあまああるのねっていうこと。

ジャスミン自身はフツーの人とは思えないくらい優秀だけど、その彼女が人としてあたりまえだろ?と考えていることを発言しているのを読んで、ちょっとスッキリしているのは事実。

だからこのあと、3巻も読むのです。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。SF以外の本についても読む楽しさを分かち合いたいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です