今年も出ました、が……

1 min 41 views

例年になく、手に入りにくかったのはなぜ?

マンネリでも続ける、SFのガイドブック紹介。

毎年2月に出るので、いつも通りに本屋に行ったのですが………

なぜか、行く本屋行く本屋、全部置いてない!

ってか、売れたの?売り切れてるの?

なんでいつもの年のように手に入らないの?

え?出版数が減ったわけじゃないよね?

焦ったさー!

さとう

さとう

SF小説に人気が出てきたのなら嬉しいけれど、ビックリしたわ。

来年は、もっと気をつけて早く買いに行かねば!

今回の注目ポイント

今回は、読んでないのに読んだつもりになれるっていうか、あらすじを知っちゃうっていうか、そんなページがあってちょっぴりお得感があった。

それはベストSF2020・国内篇で1位となった「オクトローグ 酉島伝法作品集成」を、ご本人が「自作解題」と言うページで解説というか、説明してくださっているんだね〜。

おお〜、こんなことしてくださって、ありがたや〜、って感じです。

やはりオタクはね、作家さんがどんなことからこの話を考えたのかとか、何とつながりのある話なのかとか、そういう裏話っぽいあれこれが大好きなのよ、知りたいものなのよ。

酉島氏は寡作な作家というイメージがあるので、ご本人の考えが読めてさとうはとっても得した気分でした。

毎年のポイントもちゃんとある

毎年、定点観測のようにチェックするポイントも、間違いなく載ってる。

  1. 前年の「ベストSF」がわかる
  2. SF界で活躍する方々が「ベスト!」と思っているものが知れる
  3. サブジャンル別の「ベスト10」がわかる
  4. SF出版各社の今年の推しとか方針がわかる
  5. 選ばれたSF作家の方々の活動予定や近況が知れる

だからと言って、いちいち前年度の「SFが読みたい!」とくらべて読んだりはしてないけどね。

まとめ:本の紹介

今回も、人気大河シリーズの現在を紹介するページがありました。

また、新進SF媒体について、中の人が活動報告を載せたりもしています。

今年度活躍したSFについて、最先端をチェックするためにも、この本はやっぱり毎年見なくちゃなのよ。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。SF以外の本についても読む楽しさを分かち合いたいです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です