新しいSF小説のガイドブック「21世紀SF1000 PART2」

2 min 217 views

読むしかない状況が来る、PART2だから

オススメできるガイドブックのPART 2を紹介する。

2010年代に刊行された主なSF作品から約1000点をくわしく、またはなんとなく紹介している。

本屋を歩くよりもたくさんの本を知ることができるのよね。

PART1も紹介してた

PART 2って言うくらいだから、PART 1もあるよね。

ちゃんと、PART 1も紹介してたのよ。

この本の何が気にいってるって、見落としていたSF小説とその界隈を、とりあえずまとめて知ることができる点。

単なるタイトルと著者紹介ではなくて、大森氏が紹介にくっつけたら面白さを伝えられるかなと考えてる周辺情報をちょろっとくっつけているところが、素人おばさんにはたまらない。

だってさとうは、そんなにものしりじゃないから。

さとう

さとう

小説だけじゃないの

この本は、SF作品を紹介している。

「小説」だけに限ってないってことね。

もちろん小説メインなんだけど、そこに関連したアニメとかゲームとか漫画もちょろっと説明している。

何もかもを網羅するのは、どんな分野でも個人では成し遂げられない。だからその辺を求められても、こたえるのはむつかしい。

ただオタク文化を受け入れている世界なら、少しのヒントや手がかりがあれば、自分の好きな方向に進んでいけるよね。

だからこの本は、そういう時の参考にしてもらえばいいかな。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

お気に入りだからさ、PART 1を買ったらPART 2も買う。

ホントに読んでない本が「こんなにある〜!」と恐ろしくなるが、でもチェックする。

さとうはSF小説が好きだからね。なんたって、妄想のタネだもん。

さとう

さとう

読むしかないさー

まとめ:本の紹介

今回も「本の雑誌」の「新刊めったくたガイド」の2011〜2019年の9年間のSF時評を大集成した文庫だ。

10年間ではなく9年間、となっているのは「序」に理由が書いてある。

大人の事情よね。

大森氏は長いことSF界隈で仕事をなさっている方なので、相当数、作品を読んでいらっしゃる。

大森氏自身の好き嫌いはあるとしても、同じだけ読んだり観たりしてる人でなければ意見を聞いておいて(読んでおいて)損はない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。