電子書籍を嫌わない努力

2 min 19 views

紙か電子かで悩む

電子書籍は便利で場所取らずで持ち運びも楽。

良いことだらけで反対する方が「バカ?」って思われちゃう。

でも私はできれば紙の本で持っていたい派。

本を手に入れる時、う〜む、うむむむ、といつも思案している。

共存し共栄してほしい

人口が増えて、一人一人の持つモノの量も増えて、保管する場所はいくらあっても足りなくなる。

ミニマリストもいるけれど、マニア・オタクもいるから、やっぱり物を保管する場所はもっと必要かもしれない。

すでに音楽はデータ買いがあたりまえになって、CDが売れなくなってきた。

だから、本も電子書籍があたりまえになってくるのだろうと考えてる。

でもさー、さとうは紙の本が好きなんだよー。

モノとして手でさわって愛しんだり、何度も設定や人間関係や表現を確認しながらストーリーを読み進めていったり、どこに出掛けるにもひょいひょいと持ち運べたり、生活に馴染んでいるんだね。

だから共栄を目指した共存をしてほしいと願ってる。

だからKindle化もプッシュしてる

電子書籍は便利なんだけど、端末に下ろすのを忘れていると病院の待ち時間に読めないのね。

あと、おばさんだからやたらなところでFree-Wifiを使うのも怖い。

気になったことを何度も前のページに戻って確認するのがクセなので、「何度も」ページをさかのぼる動作が端末メディアだと却ってめんどくさい(それもおばさんだからかね)

そうは言っても、もう紙の本では手に入らないものを読みたくなったら、あとは電子書籍化してくれるのを待つしかない。

古本で手に入れることが難しいことは結構あるの。

探してもモノがなかったり、コレクター出品でものすごく高額だったり。

めっちゃ高いことがあるよ?どえらい金額やなーと気持ちが萎えることもしばしば。

だから、アマゾンで本探しをしている途中に、気になった本が電子化してない時は迷わず「Kindle化リクエスト」のボタンをクリックする。

ほかの書籍サイトでも電子化のリクエストを受け付けてくれるところがあるから、自分の使っているサイトを確認すると良いかもよ。

やっぱりさ、時代の流れに乗れるように新しいことを学ぶことは大事さね。

特にSF小説は、すぐに本が店頭から消えちゃうから。寂しいな。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です