不用な中古品買い取りを経験し、満足を知る

3 min 74 views

片づけると出てくる使わないモノ、それはキモノ

SF本の古いものを紹介しているということは、古い本がまあまあ家にあるということです。

もうそれは、捨てられないのでテキトーに片づけて、どうにかこうにかやりくりするだけ。

で、今回驚いたのは、キモノの片づけです。

さとうは昭和の生まれなので、その母も昭和の生まれ。しかも年季の入った昭和育ちなので、昭和の常識にどっぷりと浸かり、それを疑わずに生きてきました。

だからさとうが運良く結婚できるとなった時、嫁入り道具のひとつとして何枚もキモノを持たせてくれました。

でもさー、夫はまあまあ近場ながら2〜3年おきに転勤する仕事だったので、実質キモノの保管は実家でした。

さとうもキモノにはまったく詳しくなかったし、助かったのよ。

転勤することがなくなったころ、自宅に持って行けと言われてさとうのために作って保管してくれていたキモノを引き取りました。

さらに時間が経ち、自分も歳をとって動けなくなる前に、プチ断捨離をしておいた方がいいかなと考えました。

家が狭くなって物につまづく生活は避けないと、さ。

処分に困ったのは、やはりキモノです。

母が苦しかっただろう家計をやりくりして整えてくれた物だから。あっさりポイって捨てられない。

でも、一回も着たことがなく、着付けも知らないので今後も自分で着ることはなく、何か着る必要があればレンタルに頼るだろうことがわかっている自分としては、このままタンスの中でシミだらけにしておくのも、忍びなかったんですよ。

だから今はやりの「着物の出張買取」を利用してみました。ただ捨てるよりは、心が痛まないだろうと思ったの。

どんなモノにでもある中古品買い取りの、キモは”需要”

あんまり詳しいことを言うと(どこを見るとか何が基準とかね)商売の邪魔をするみたいになるので書きませんが、やっぱり中古品の(さとうのキモノはほとんど未使用でしたが)引き取りは、その後に買い手の需要があるかないかで査定額が決まる、と言うことでした。

追記しました
やはりちょっと書き足すことにした。さとうが利用したのは「バイセル」という会社。だってチラシに「査定評価額より20%UPキャンペーン」って書いてあったんだもん。

査定に来てくれたのは、若い男の方でした。関東の会社に所属だそうですが、エリアを区切って担当し、今はさとうの住んでいるあたりをずーっと回ってキモノの査定ばかりものすごくたくさん担当しているとのことでした。

キモノのどこを見てどういうところが買取につながるのかを説明しながらサクサクと判断をし、スマホで写メを撮っていくらぐらいで買取できるのか否かを本社?か倉庫?のキモノを担当する人に確認していました。

仕事は確かに早くて親切でした。

たとえば一例ですが、買うとなったら何十万円もする大島紬も、分類上は「普段着の着物」扱いなので、中古品として引き取ることになると何十円になってしまうらしいです。

キモノにも流行りの色・柄があるので、あまり古くさいものは引き取れないらしい。

レンタルなどに回して使ってもらえそうなキモノでないと、値段さえもつきません。

そんなに数はなかったけど、何枚かは引き取ってもらえた。でも、キャンペーン中だという割にはやっぱり安くて、大まけにまけていただいて1800円くらいでした。

追記しました
買取してもらえるのは、①絹の着物で、②作家の名前や作った工房のハンコなどがついていると値段が上がり、③無銘でも色や柄が今の時代に合うようなモダンなもの、④振袖などはレンタルで使えるのでOK、という感じでした。

まあね、ただ捨てるより、一枚でも使ってもらえるところに連れて行ってもらえればな、と思っていたので、そこで手を打ったの。

何につけ、ブランド名がものを言う

テレビのCMや街中のリサイクル店の表示を見ると、やはりブランド名のあるものばかりです。

いわゆる「ハイ・ブランド」と呼ばれるものは、どんなに状態が悪くても、引き取り拒否にはならないそうです。

まさか、キモノもそうだったとはね。

大島紬も、作家やブランドにこだわらず「中古でもモノの状態が良ければOK」という人は、フリマアプリで探すとお安く手に入る、とアドバイスされました。

さとう

さとう

でも買わないけどね

散々、本やCDや食器なんかを処分して、まあこんなもんだよねとわかっていたはずなのに、キモノの価値もそこなのかと改めて知らされた感じで、へこんだなー。

本当に欲しいものを買い、大切に使おう

そして思い知ったのは、やたらと「便利かも」「うわ、安ーい」と言ってモノは買わないようにしよう、ということでした。

確かに中古品引き取りやフリマアプリでの売却など、処分する方法はいくらでもあるんだけど、転売ヤーでない限り、買った値段以上の売値がつくことはないわけです。

やたらと買うより、買わない選択の方がお金は減らないんだよね。そういう当たり前な結論に達しただけのことでした。

だから、欲しいものができたら、よく検討して、少々高くても一生手入れをする気持ちが持てるものを買うように気をつけよう、と考えました。

モノを買うってさ、特に欲しいと願うモノを買うってさ、ものすごく快感なんだよね。

だからすぐに欲望に負けちゃう。

買い物依存症、って、ある意味、気持ちがわかる気がするよ

でも、気持ちが満たされる、って、一時的にはモノでうれしくなるけど、長い目で人生を考えるとモノじゃどうにもならないことが多い。

むしろ、不要となった中古品を眺めて、自分は何に囚われていたのかなー?って、何が本当は欲しかったのかなーって、ぼうっと考える時間の方が、自分を満たしてくれるものを探すのにはいいのかもしれない。

満足、って、満たして足る、って書くのよね。

すごいな。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です