人気作のリブートは微妙な気分

3 min 34 views

もの書きだったら絶対やりたい!

大好きな作品を読んだら「うっひゃーん!」ってなる。

もし、「話を自由に書き足していいよ」と言われたら、絶対、書くよね。

好きな話の土台を使って、好きなふうに話を作る。

プロだろうがアマチュアだろうが、ものを書く仕事や趣味を持っていたら、絶対に、書く。

さとう

さとう

今、流行っている「二次創作」は、無許可で好きなふうに話を作っている状態なのよ。厳密なことを言えば、法律違反スレスレ。

リブート、っていうのは「再起動」ってこと。

PCを使う人なら知ってる言葉。だけど、今回の場合のリブートとは

フィクション作品において、シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことを意味する用語。

Wikipedia「リブート」より

つまりね、これがなけりゃ認められないっていう要素とかコンセプトは大事に使うけど、それ以外の要素は全部省いて、新しいシリーズを立ち上げるってことなの。

それをね、今回はまあ、往年の人気作品だった「キャプテン・フューチャー」でやってみましたー!ってことです。

やらせてくれた版元も著作権者も心が広いけど、「やりたいっ!」って手をあげた作家がいるのもすごい。

やっぱ、もの書きは、変わった人種なのよ。

だってハミルトンの作品が好きな人は世界中にいて、リブート作品を書いたら、その人たちに楽しくも厳しく読まれること前提じゃないの。

何を言われるか、わからないもん。

きちんと読んだ、最初の事件さ

スターウルフ・シリーズを紹介したときに、キャプテンフューチャーのアニメを見た経験を話したよね?

そうなの、あれほど「SF小説読んでくれ〜」って言ってるさとうなのに、キャプテンフューチャーのアニメを見た記憶はあるのに本を読んだ記憶は曖昧なのよ〜。

絶対、読んではいるのよ?

たぶん、アニメのあとだと思うけど………

ただ、どの話を読んでいてどんな風だったのかが、思い出せない。たぶん、ほとんどを読んでいると思うんだけど………

スペースオペラ、それも年代物のスペースオペラを読んで、古臭いけど人情にあふれていてドタバタしていてバカバカしくて楽しかった、記憶しかないのです。

だから今回の「最初の事件」も、わりと普通にサクサク読みました。

オットーやグラッグって、こんなに人間らしい複雑な思考を持つアンドロイドやロボットだったっけ?って感じがしたなー。

最初の、という設定なので、カーティスが(主人公が)初めて世の中に出てきた設定になるわけで、そうするとカーティスがメンバーの中でいちばん優れた位置につけるわけはないんです。

が。

やっぱり、スペオペのお約束として、主人公がいちばんデキが良くカッコ良い行動をとって欲しいなと思うさとうは、年寄りだよなぁ。

そういう意味で、ちょっとまどろっこしい感じがしたよ。

ま、しょうがないよね。

ちなみにさとうがこの本を買った理由

さとうは基本、手持ちの古い本ばかり紹介しております。

でも、この間、スターウルフ・シリーズを紹介したさ?

そういう時には必ず読み返すわけさ。

で、その後に出かけた本屋で「完全リブートした傑作!」「新キャプテン・フューチャー」って書いてある文庫本を見つけちゃったら「えええーっ!」って驚くじゃないの。

そして猛烈に読みたくなるじゃないの。

だって、ハミルトンは好きだもの。それを踏まえたリブート作って言うんじゃあね。買うわー。

まとめ:本の紹介

月面の〈直線壁〉の中に存在するデネブ岩面陰刻を保護する法案が通り、モニュメントとしての除幕式が行われる。そこで顔を合わせる羽目になる、最初の事件に連なる面々。のちにキャプテン・フューチャーと呼ばれる人物とその仲間が顔を確かめたのは、かつてカーティスの両親を殺した張本人たる月共和国選出の議員だった。

物語は、カーティスの本拠地である月と、開発が進んだ火星が舞台です。リブートなので太陽系の惑星それぞれにそれなりの人種がいることがお約束。

カーティスはキャプテン・フューチャーと呼ばれたかったわけではなかったらしいことが、話の展開の中でチョコチョコ出てきます。でも、ねー?って感じ。

この先も、この設定で話が続くのかな?

追記

さとうはもや〜んとしか表現できなかったけど、日本では新しいキャプテン・フューチャーはあまり評判が良くなかったらしい。

きちんと原作を読んで分析してくださっている方のブログを見つけたので、読んでみてください。

さとうの感想よりも、参考になるかもです。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です