読む本は、直感で選んでいいと思う

2 min 42 views
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)

名作だから泣けるわけではない

この「たったひとつの冴えたやりかた」には「この小説を読み終わる前にハンカチがほしくならなかったら、あなたは人間ではない」というある書評家の評が紹介されている、という逸話がついてまわる。

だからさとうは、人間ではない、らしい(泣かなったのでね)

でも、この本が、名作だというのは認める。

あなたは、未知の世界へ冒険に出かける勇気があるだろうか。

あなたには、状況を正確に把握する知識と理解力が備わっているだろうか。

あなたは、いざという時、この表題作のヒロインのように腹を括った決断を下すことができるだろうか。

この三つを噛みしめながらストーリーの楽しさを味わえる展開、なんて、この話自体が「冴えている」のよ。

しかもこんな思いがけない驚きとともに宇宙の旅を続け、さまざまな未知なることを学び、故郷の世界に情報を発信する。

なんて前向きなヒロインなんだ。すごいなぁ。

例えば自分が話の中の登場人物だったら、最終的にどんなオチになるかわからないまま、悲劇的な展開の中を前向きに進めるかな?

そう考えると、著者は作中のヒロインにものすごい試練と賛辞を与えているよね。

だからこそ、胸打たれる人もいて「名作」の声が上がるんだね。

でも、さとうは泣かなかったけど。

3話の中編と、それをつなぐ図書館での話の設定です

前提の環境がある

話としては3話なんだけど、それらはあるカップルの共同研究論文のために図書館司書が探し出してくれた古文書、という形を取ってるの。

だから中編の合間につなぎとして、図書館司書とカップルの会話が入ります。

だから中編3話にも、入りやすいのね。

たったひとつの冴えたやりかた

宇宙に興味津々だったヒロインは、16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペース・クーペで連邦宇宙の辺境へ旅に出る。冷凍睡眠に入る前に連邦基地宛てのメッセージ・パイプを拾い上げちゃったことが、彼女の冒険と人生を大きく変えていくことになる。なぜなら、彼女の頭の中に、エイリアンが住みついてしまったから………

グッドナイト、スイートハーツ

70年も冷凍睡眠を経験しながら、30歳のレイブンは宇宙の辺境でサルベージと救難の仕事に励む。燃料切れの豪華な船に回収救難官として乗り込んで作業に入るレイブンは、豪華船の副操縦席の女性が、年老いたかつての恋人だと気づいて………しかし補給を終えて離れたレイブンは豪華船が悪党の船に捕捉されたことを知る。そして助けに向かうと、そこには恋人のクローンが若々しい姿で現れて………

衝突

リフトと呼ばれる星の密度の薄い、連邦宇宙の北の裂け目。こちら側に連邦が存在するようにあちら側にも〈調和圏〉と呼ばれる宇宙人の世界があった。互いのファーストコンタクトは、不運なことに、暗黒界の襲撃者たちの悪行を挟んでのことだった。言葉もうまく通じない間柄で、二つの世界は交流できるのだろうか?

ちなみにさとうがこの本を買った理由

この本の、タイトルがすごく秀逸な感じがしてね、いつか必ず絶対読むぞ、と思ってた。

ところがさ、なんでか、なかなか読みたい気持ちになれなくて。

でも買うことは買った、いつか読まねばと思っていたから。タイトル的にはすごーく読みたい感じだったのよ。

タイトルの日本語は秀逸でも、裏表紙に載ってる説明が今ひとつ興味をかき立てなかったんだねぇ。

だから直感が「今、読め」とのたまうまで、ずうっと積読さ。

そんなこともあるわけなんだね〜。

でも読書は趣味だから、直感に従ったっていいんじゃない?

まとめ:本の紹介

憧れの銀河へ旅立った16歳の少女が、頭の中に住み着いてしまったエイリアンと冒険の旅を続ける。がその先に、エイリアンとの友情と現実問題に挟まれて少女は「冴えたやりかた」を決断しなければならなくなる。

この表題作のほか、宇宙時代におけるヒューマンの相互作用に関する話と、かなり昔のヒューマンとジーロのファースト・コンタクトの話が載ってます。

この本の、何が良いって、作中の女性たちが地道に自分のやりたいことに邁進していく姿が浮かぶところがいいね。

誰かの、何かの、ついでのような立ち位置ではないところがいい感じです。

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)

なお、この本はまだ電子書籍化してないみたいだったので、申請しておいた。だってたくさんの人に読んで欲しいもんね。

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です