日本SFの黎明期(夜明け)を語ってた

mitounojidai

日本SFの黎明期(夜明け)をいち編集者の立場から語ってた

この本は、日本のSF界の黎明期を支えた多くの人々の中でも、とりわけ頑迷にがむしゃらにはたらいた福島正実の回想録です。すでに文庫にもなっています。というより、単行本は図書館に行っても閉架書庫に保管されているくらい、古い本です。

SFマガジン創刊の苦労はSF認知の苦労

そんな古い本ですが、SFに興味を持ち始めていくつか小説を読んだならば、ぜひ目を通してほしい本なので取り上げました。

なぜってさ、SFについて万人が認める定義がいまだに確立されてないなと思えるからなのさ。

 

さとう
そうだよねぇ、全員がオッケーっていうものはないよねぇ

 

この回想録の中で著者は「SFを語ることはアブノーマルなものへの関心を自白するようなもの」と思われることや「未来や空想は絵空事」「SFは荒唐無稽なポンチ絵まがい」または「科学的なSFだけを本格としてあがめまつり変型SFやSFまがいがはびこることをけしからぬときめつける」という、SFへの誤解や無理解、偏見と実に精力的に戦っていく様を告白しています。

sf-gokai

いや、ほんと、なに言ってるかわかんない(しかもダチョウだし)

さとう
だから誤解とか無理解とか偏見が多かったの!

わかんないくらい、いろいろと間違った受け取り方をされてた分野だったんだ。

そしてたぶん、今も「SFなんて」と誤解や無理解、偏見が残っているんだろうなと考えてみたりする。

 

なんでもそうだと思うけど、新しい分野が現れて勢いをつけていくとき、同じように誤解や無理解、偏見がつきまとうよね。

ゲームの世界もはじめは子供の遊びと思われていた。ゲーム内容や技術的なものが進化して大人がハマるようになっても、ただの遊びだと思われていた。

でも今は「e-sports」って呼ばれて、スポーツの一分野として高額な賞金のかかった大会が運営されてプロが活躍している。

仕事として一人前に認知されてきたってことだよね。

この本は、SFマガジンという雑誌の編集長となった著者がSFを誤解や偏見なく認知してほしいと考え、がむしゃらにはたらいたことの回想録でした。

回想録だから、めっちゃ著者の視点で書かれてます。

悲しいことに、未完で終わってます。

 

理想のためには炎上もいとわず

著者の福島さんは、SFについて自分なりの理想を掲げていたことがこの本を読むとわかる。

「───私は、SFには、本質的なイミで本格とか変格とかいう区別などない、幻想文学から哲学までの広いスペースを領域とする、種々の自由なSFというものがあるだけだと思うからです」

「SFは本来的に、科学的であるよりも、ロマンチックで、空想的で、かつ思索的でなければならないのです」

「SFは本来、意識ある読書人すべてのためのものです」

「科学を認識の方法と意識した現代小説の一ジャンルです。要するに、その気のあるすべての読者に楽しんでもらえるはずの小説です」

 

なんとまあ、一貫して熱く自論を説明することか。

 

しかもすべての読者に楽しんでもらえるはず、と言っておきながら「SFは書く側、読む側両方の、非常に高いインテリジェンスと、異常に強い熱意とによって支えられている」とか「SFは読者に、思索的でイマジナティヴな精神的協同作業を要求する」とか、小難しい話が出てくる。

エネルギッシュでバイタリティに溢れていて癖の強い人だった(らしい)福島さんは、今でいう「炎上」もいとわず論戦を張っていたようです。

気になる意見が公表されると、新聞や雑誌の誌上で反論を繰り返していました。その様子も本に載ってます。

さとう
まあ、あの時代はSNSがなかったからね。

まとめ:本の紹介

この本は小説ではなく、回想録です。しかも著者が病没したのでSFマガジンに連載されていた分だけが、未完のまま発行されました。

SFを文学のいち分野として正しく認識して楽しんでほしいという、いち編集者の願いが、混乱していた現実とともに記録されています。

めっちゃ硬い表現もたくさんあるけど、教養として知っておくにはいいかもと思って紹介しました。

シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です