ナノマシンは希望への魔法になるのか

the bohr maker

ナノマシンは希望への魔法になるのかな?

教育を受けていない娼婦が最強のナノマシンを取り込んでしまう事故に見舞われたら、人生や社会はどうなっちゃうんだろう?これはそんな始まりの話です。

先端技術のナノテクは希望だった

昔、1980年代にナノテクは先端技術として脚光を浴び始めた。

インターネットが爆発的に広がり、ITとかエレクトロニクスとかって言葉がわんさかメディアにあふれ、シリコンヴァレーがベンチャー企業にとって”聖地”のような受け取られ方をしていた。

 

21世紀になって、ナノテクはバイオの分野ですんごく伸びてきた。

本当は以前からいろんな分野で開発されて活躍してる。今、目立っているのは医療とか化粧品とかの分野かな。半導体なんかはすごく進歩してきたはず。

でもさ、例えば家電が便利になっても「ナノテクが活躍して便利です!」という売り方はあまりなかった。

 

さとう
エアコンとか、空気清浄機ぐらい?それも「お部屋の空気がこれだけキレイになる」っていう宣伝だし。

 

ナノテクが素晴らしいという売り方じゃなかった。

でも、この技術がなかったら、こんなに快適で便利な生活はできてないのは事実。

今はがんの治療とか、不妊治療とか、育毛技術とかに応用されてきている。

ま、なんだかんだで、すでに私たちの生活はナノテク・ナノマシンに支えられているんですよ。

ナノマシンって、SFでは分子科学レヴェルの自動機械って扱いだよね。ウィルスの機械版って感じかな。

この技術はこれからも、希望を紡ぐ可能性がある。もちろん、使い方によっては危険も考えておかなきゃだけど。

娼婦といえば格差社会を連想しないか?

最古の職業と言われる娼婦だけど、この言葉に良いイメージはない。物語によってはいい立ち位置におかれる時もあるけど、たいていは格差社会の下の方にいることが多い。

この本の中でも、主人公のフォージタは塵界にすむ娼婦というところから話が始まる。日々の、食べることだけで精一杯な暮らしの中で思いもかけずナノマシンに侵入されて、でもフォージタの理解では「悪い魔法にかかった」っていう悲劇なわけ。

軌道都市(天界かな)や地上でもきちんとした社会に所属している人々には単なる技術であるナノマシン「メイカー」の影響に過ぎない。でもフォージタのいる塵界では魔法としか呼べないような、わけのわからない力に見える。

fajita-before

これって格差社会における教育の差かな?

フォージタは、ナノマシンの影響を受けてどんどん変わっていくんだけど、なぜか力は使えてもそれを私利私欲のために利用しようというふうにはならないんだね。目の前にある危機を回避しようとはしても、儲けるために使おうとか考えないんだ。

fajita-after

この話の中にはいろんな立場の人間が出てくるけど、究極のナノマシンを手に入れても本質が変わらないのは、フォージタだけかもしれない。女神みたいだよ。

まとめ:本の紹介

この本は、初めは登場人物それぞれの立場から 話が始まります。それがやがてボーア・メイカーという一点で近づき、ミステリのように絡み合いながら大きな結末に向かって進んでいきます。前半はやや退屈な表現も並びますが、それが土台となって後半は話が走り出し、ドキドキ。

結局、このボーア・メイカーの恩恵を受け取るのは誰なの?それはいつ、受け取れるの?

ナノテクのディテールをそれほど細かく書いてないけど、ナノマシンを作動させることの恩恵と危険がよくわかります。

そしてそのことをどう扱ったらいいのか見解をたたかわせる人間たちの、いろんな意味での欲望ゆえの攻防が面白い。

新しい話じゃないけど、私は好き。希望の明るさが感じられるからね。

 

シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です