少年は自由のために哲学する

genwaku-nanomachine

はるかな未来、少年は囚われの身で自由のために哲学する

カリスマだった父親に率いられて天国のような世界へ行けると思っていた少年は、様々に改変された未来世界で哲学し冒険し悩み傷つきながら父親とは違うものを目指す─────というと簡単すぎるかも。前作よりもかなり観念的で長い話です。

多様性ってなんだろう?

多様性って言葉を聞くと、何を想像する?

なんでもいろいろあり、な気がしない?

検索するとウィキペディアが出てきて、単純になんでもありならいいってわけじゃないらしいことがわかる。

多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。 性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。

(ウィキペディアより引用)

で、この本を読んでいくとき、あれこれめんどくさい事情を読み分けながら、いつも頭の片隅に(多様性が………)とふわふわ掲げてないといけない気になるのね。

なぜって、主人公のロトは自分がどこに属しているのか自分でもはっきりわかってないまま、話が進むからなのよ。自分が何かに囚われていると感じつつ、でも何に囚われているのかはっきりしないし。

この本における多様性は、

1. 主人公ロトが幼いときの生きてきた宇宙船の中の世界、
2. 主人公ロトが10年間生かされてきた人工都市の世界、
3. 主人公が生きていけるかもと思って行ってみた惑星の世界、
4. 最終的に主人公が行き着いた世界、

 の4つに含まれる

A.人間の立場、
B.宇宙的な広がりを持つ居住可能地域をどう捉えているか、
C.測れないほど長い時間の経過をどう考えているか、
D.世界を改変しているメイカーの存在

にそれぞれ影響を受けているのね。

さとう
なに言ってるのか、さっぱりわからん。

genwaku-nano2ただ、読んでいると「なんとなくこの人たちはこんな集団か?」的なモヤモヤがいくつかあることだけは感じ取れると思う。

色味の違ういくつかのそういう集団的なものが、馴れ合いながら、あるいはあからさまに、ぶつかり合うんだな。

まるでウィルスのように

じゃあ、多様性ってどうやって出来てくるんじゃろう?

この本のタイトルにあるナノマシンについては、前作極微機械ボーア・メイカー )でぼや〜んと紹介したとおり、分子科学的な自動機械、ウィルスの機械版っていう感じだと思ってね。

そのナノマシンが(著者流に言うならメイカーが)結局はいろんな状況をちゃかちゃか作り出し、人間はそれに振り回される、ということなのよ。

現実の自然界だって、ウィルスで疫病や突然変異が現れて広がって、大騒ぎしながらいろんな生き方が生まれるじゃない?

必須なものなのか妥協の産物か、シェアすべきものなのか戦略なのか、いろんなパターンが存在するとは思うんだけど、主人公のロトはこう言ってる。

「しかしたぶん、本当の理由などないのだ。生き残るべき者が生き残る。気まぐれな偶然と緊急の必要性という二重のフィルターをすり抜けるのにどんな特質が最適か、だれにもわかるはずはない。」

多様性は意図してつくれるものではないってことかな。

さとう
進化はデータの交換だけではつくりえないんだね。

おそらく「メイカー」なるマシンを使っても、現れる結果にはコミットできない部分もあるんだ。

まとめ:本の紹介

どこかでは前作とつながっているはずの、でもそもそも違う未来世界を描いたこの話は、メイカーの存在が当たり前すぎる世界での主人公・ロトの人生の話なの。

もはやメイカーが主役ではない。

第1部、第2部、第3部、エピローグという成り立ちで、上下巻2冊になってます。

だからけっこう長い。

私は下巻に入ってからやっと楽しくなりました。と言って、上巻も読んでおかないと訳わかんないからね。

SFに限らず、物語があまり動かない場面って、読んでいくのに忍耐がいるわ。

シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です