SF好きとか嫌いとか、の手前

4 min 177 views
sukikirai

SFってなんだろう?

好きとか嫌いとかの前に、やっぱり気になることがある。

常に論争となる「SFとは何か」

さとうは、そのことに不満があるわけではない。

広くネットで検索してみれば

サイエンス・フィクション(Science Fiction)の略。科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。
(ピクシヴ百科事典より)

小説や映画などの創作作品におけるジャンルの一つである。
(ニコニコ大百科より)

と出ていた。

ジャンル分けとか、カテゴライズとか、定義とか、きちんとしてないと納得できない方々は大変だな、と思った。

だって、けっこう大雑把な説明に見えないか?上記の引用。

さとう

さとう

なんでこの引用なのか、というと、若い人に媚びたんだね

さとうはこどもの時に「さいえんす・ふぃくしょんって、かがくてきなおはなしのことだな」と受け入れてしまったので、それでずぅーっと来ている。

自分の中で困ってないので、今もそのまま。ま、いいか、と思っている。

でも、ちまたで「SF好きです」「SFなんてどこがいいんだ?」「SFはヲタの世界」といろいろに語られていて、それもまた「SFとは何か」に絡まっている問題なのかなと考えている。

SFは「ジャンル」の問題?

「未踏の時代 」を紹介した記事では、「幻想文学から哲学までの広いスペースを領域とする、種々の自由なSFというものがある」と著者の福島さんの言葉を紹介した。

SFの"S"は何なのか、ということが議論されたこともある。

サイエンス(Science)ではなく、スペキュレイティヴ(Speculative 、思弁的)ではないのか、とかね。

有名どころでは藤子・F・不二雄さんの「すこしふしぎ(Sukoshi Fushigi)」という見解もある。

じゃあ、ジャンルってなんだろう?

いろんな辞書によると、ジャンルって言葉は元は文学や芸術の領域で使われていた言葉のようだ。

フランス語のgenreはラテン語のgenus(種属)を語源とし,共通の性質をもつ一群のこと。
(百科事典マイペディアより引用)

そこから、芸術作品を様式や内容によって区分するために使われていた言葉となった。

現実的に目に見えて違いの分かるものはわりと迷わず分類できる。

けど、芸術のようないろんな要素を抱えて主観の入るものを説明するときには「この作品はこういうグループにいるからね?」と所属するグループの特徴をまずわかってもらう必要が、あったんだろうね。

するとさ、「SFとは何か」っていうのは「SFは作品としてどういうグループか?」ってことなのかな?

幻想文学から哲学までの広い領域には、何が含まれているの?

それらを全部「SFです」ってひとくくりにしてもいいものなの?

どのくらい昔の作品から「SF」のグループに入れたらいいの?

………っていう疑問が残るよね。

たとえば「文学」ってジャンルを定義しようとしたら、取扱説明書なんかは入らない。

でも、「読むもの」って定義を作ろうとしたら、行政サービスの解説書も入るよね?

なんでこんなことを言うかというと、さとうは子供のころ、意味がわからなくても文字が書いてあるとなんでも読んでいたらしいからなのね。

意味がわかってないんだから「読む」という行動ではないんじゃないかなと今なら思うんだけど、そこが子供さ。

でもだからといって、さとうの読んでいたものが「子供向け読み物」に仕分けできるのかっていったら、そうではないし。

ああ、メンドクセェ。

SFは、細かく定義しようとしたらものすごく大変なことになるんじゃないかな。

だから定義付けにこだわらない人の多くが「科学的な空想にもとづいたフィクションの総称」ってくらいでいいんじゃないの、とゆったりと考えてくれてるんだろうね。

ジャンルとしても、いろんな要素が広くつながっているから境い目があいまいな感じになったまま、一つの世界になっている。

こだわる人は大いにこだわって、他人が見ても「なるほど」と思うような客観的な言葉にしてSFの定義やジャンルの項目を考えてくれるといいね。

意見を公の場にぜひ発表してほしい。

みんなでワイワイ、話し合うのがいいと思うし。

ただ、それを他人に押し付けるようなことはしないでね。「ゼッタイ」とか言われても困るし。

人それぞれ、考え方も楽しみ方も自由だから。

SFはメディアによって違うの?

ところで、SFの、「アニメ」や「漫画」や「映画(実写映像など)」の世界でも、「SFとは?」みたいな議論は起きてるの?

さとうは映像の方はあまりくわしくないから、そういう議論にもくわしくない。

でも文字を読んでイメージをおこすのとは違って、はじめから絵とか画像の形で入ってくると、あんまりむつかしい感じがしない。

そして絵とか画像は、解釈は別にして、誰が見ても見えている要素は同じだよね。

そうすると「カッケーッ!」「意外にショボかったな」といった見えたものに対する感想はいろいろあっても、「このアニメはSFなのか?」という小説でよくある形の議論は少ない気がする。

アニメの中身についての好き嫌いや解釈などを含めた議論はあっても、「そもそもこれはSFなの?」という、入り口で口論するようなことは少ないんじゃないのかな。

映画化されたSF作品には、多くの場合原作がある。

原作がなくても、ノベライズされることがある。

でも、映画自体が「これはSFなのか?」と問われることはあまりないよね?

まあ、宣伝に力を入れる立場から言えば、そんなことよりこの映画を見たい気持ちにさせることのほうが大切になる。

だから「SF」って宣伝よりか、「超大作・制作費◯◯億円!」とか「映画史上最高!」とかのキャッチコピーがつく。

SFファンの間でなら「あれはSFなのか?」と議論にもなるのだろうけど、映画を見る多くの人はそんなことどうでもいい。

面白ければいいんだよ。

media

文字と絵(または画像)は、目に入った時の最初の情報量が違うから、頭の中でそれを処理する時の仕組みが(もしかしてスピードが?)全然違う。

だから「SFとは?」なんて考えるヒマもなく、圧倒的に絵面がSF感をまとって脳みそを染めにくるのかもしれない。

メディアによって「SFとは何か?」を問われる位置が違うって、面白くない?

たとえばミステリーや恋愛もので、小説と映画でそれぞれジャンルを問われたり、同じ作品なのにジャンル感が違うなんてことはあまりない気がする。

だってミステリー映画の原作は、やっぱりミステリーに違いないしね。

でもSFは、「映画、スッゲェきれいだったわー」と思って原作読んでみると「なんかわかりにくいな。先に映画見ててよかったわ」みたいなこと、よくあると思う。

まあSFファンからしたら「ナニあの映画、全然原作の世界、あらわしてないし」ってなることもあるけど。

科学者の、フィクションではない研究発表や、ワイドショーで取り上げられる面白新発見なんかも、SFに近いのかわからなくて困る。

さとうはそれらを知って勝手に妄想するので、SFの一要素として考えてはいるけど。

携わっている方々からすれば「フィクションではないっ!」とお怒りになるかもしれないな。

でも、科学者の側は案外冷静で、SFのことなんかそんなに考えてない気がする。

だって現実的に、研究が忙しいだろうから。事実を追求するのに予断は取扱注意よね。

おかげでさとうはフィクションを楽しめてる。新しい発見がさらに空想を呼ぶもんね。

小さなまとめ

常に論争になる「SFとは何か」について、さとうは個人的には論争が続いていても全然かまわない。

だって含まれる範囲が広すぎて、しかもどっちかっていうとSFは未来に顔が向いている。

世の中をつくっていく要素や前に進む時間を考えると、まだまだ定義は定まらないと思う。

大事なのはSFを生み出し楽しむ要素を持っている人間という種が、知的に楽しめるといいなってこと。

そうすれば好きと嫌いについて、冷静に話ができると思うんだね。

何によらず好きと嫌いは必ずあるし、だからと言って感情的に主張を通して楽しみを減らすのももったいないし。

実は「好き」と「嫌い」については、次に書きます(「SFを嫌いの一言でくくらないで欲しい」)話が長くなったから、好きと嫌いの手前でひと休みさせてね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です