自分に都合よく「再利用」したい

3 min 11 views

「再利用ブロック」の捉え方を間違えた

「再利用ブロック」という言葉を見たら、あなたならどういうふうに捉えて「使おう」と思いますか?

繰り返し使うことになるコードというかHTMLというか、とにかく面倒くさいものを登録しておこう、と思いませんか?

さとう

さとう

さとうは思いましたよ。だってネット関係は素人ですから。

そのときに、中途半端にパソコンで書類を作った経験があったので、ものすごいカン違いをして「再利用ブロック」を使ってしまいました。

どうやってたかというと

  1. 記事上に使いたい形式(コードというかHTMLというか)を書いて使う
  2. 今後もおなじ形式を使うことが必ずあるとわかってたので、「再利用ブロック」にポチッと登録する
  3. べつな記事でまたアノ形式を使うことになり、「再利用ブロック」から呼びだす
  4. 別記事なので、個別の内容だから固有名詞を書きかえる
  5. 記事を完成させる

まあ、こんな感じに使った。

そうしたら。

サイトを見直すと、以前にこの形式を使って書いた記事の、固有名詞が新しい記事と同じ内容に勝手に変わってしまっていた!

………とまあ、こんなふうに困ったことになっていたの。

「ええ〜っ、再利用って、どういう意味なのぉ?」

まあ、そういうふうに驚きますわね、素人なので。

新しい記事で固有名詞を書きかえたら、古い記事の固有名詞まで変わってしまうとか、さとうには考えられなかったのです。

「再利用ブロック」というものが、書きかえると過去にさかのぼって形式を勝手に整えちゃって保存される、というしくみがわかってませんでした。

つまり、「再利用ブロック」というものは、HTML上のハンコみたいなもので、保存される時は最新の形で保存される、というリクツが全然わかってなかったんですね〜。

固有名詞を別記事上でちょこっと手直ししたくらいで、おおもとの、すでに保存されているはずの形式が変わる・変わってしまうとは考えなかったのです。

「ええ〜っ、再利用って、なに〜?」

これが実際に使って困った素人の、真実の声でした。

再利用ブロックは編集できる

再利用ブロックをそのまま使うと失敗した

とりあえず、新しい記事はそのままにしておきました。

直すとなったら、古い方の記事です。だって内容が新しい記事とおなじものになってしまった部分があるから。

ぶっちゃけ、その部分とは「カッテネ」の部分。

本を紹介して手に入れてもらう部分を、毎回いちからコピーして載せるのが手間で。

少しでもラクをしたい、と考えたのです。

素人はさ、リクツを理解できてないから素人なのよね。

ここで気がついていれば、二度手間になるミスを繰り返さなかったと思うのです。

でも、またミスったの。

直し始めたとき、簡単に考えていました。

「固有名詞を入れないで、コードっぽい部分だけ登録したら使えるんじゃないの?」

いやあ、バカだよね〜、素人だよね〜

さとう

さとう

ググるとわかりますが、そもそも再利用ブロックを使った時点で、使った記事には同じ表示が出てくるのです。

そして編集して記事を保存したり更新したりした時点で、再利用ブロックも更新されて保存されるのです。

コードっぽいところだけ再利用ブロック作戦は、ダメでした。

ちがう記事に使って更新すると、やっぱり再利用ブロックを使った前の記事も変わってた。

バカ〜。

通常のブロックへ変換しよう

それできちんとググって使い方を学んでみました。

そうしたら

OPENCAGEさんのサイトから引用

………っていう注意書きがちゃんと載せてありました。

やっぱりね、さとうも人様のブログを読むとき、記事は全部は読んでないんだなと思います。

さとうがブログ書くときも、読む人って全部は読まないんだよねっていう師匠たちの言葉を忘れないようにしようと反省しました。

それで、通常ブロックに変換したらホントに大丈夫なんだよね?ってことを確かめてみました。

さとうが「再利用ブロック」に最初に登録したのは、これ。

それを呼び出して、「今度の記事は5巻目だから5って書き換えちゃえばいいよね」って再利用ブロックを呼び出した形のまま、なおしてしまった。

3 を5に、そして画像のアドレスとかその他もろもろ、5巻目用に打ち直しちゃって。

そうしたら、3巻目の記事まで5巻の記事とおなじ表示になっちゃって、うわわわとなりました(今はもう、直しちゃったから見せられないけど)

そこで通常のブロックに変換してから"title": " スカーレットウィザード 3 ",」を「5に直してみた」に、直してみました。

そして直した記事をプレビューしてタイトルが「5に直してみた」に直ってるのを確認してから、スカーレット・ウィザード3の記事を見にいった。

オッケー。

3は3のまま、表示に変化はありませんでした。

どういう順番でやったかというと

  1. STEP

    再利用ブロックを呼びだす

    左上の+マークをクリックして再利用の形式をえらぶ

  2. STEP

    再利用ブロックを通常のブロックにする その1

  3. STEP

    再利用ブロックを通常のブロックにする その2

  4. STEP

    固有名詞を変えてみる その1

    通常のブロックに変換してから"title": " スカーレットウィザード 3 ",」を「5に直してみた」に、直してみた。

  5. STEP

    固有名詞のところを変えてみる その2

    スカーレット・ウィザード3の紹介記事を見てみた。

というわけで、「再利用ブロック」を使うとき、WEBの初心者は通常のブロックに変換、に気をつけてね。

さとうのようなバカな失敗を繰り返さないように祈ります。

さとう

さとう

やれやれ〜って感じでした

さとう

さとう

「オタク」という言葉がない頃からSF小説を読んでいました。SF小説を読んだことない人と楽しさを分かち合いたいと思ってます。SF以外の本についても読む楽しさを分かち合いたいです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です