クイックスタートはクイックに進まない

4 min 260 views

スマホの機種変はムズい

おばさんはiPhoneを機種変した。

古いiPhoneから新しいiPhoneへの機種変なので、うわさの「クイックスタート」で簡単にできる!と思っていた。

でも、さとうだからさ、そんなに上手くいくわけはなかったの。

さとう

さとう

やっぱりね、って感じ。

話は長くなりますよ。

事前の確認は、ちゃんとした、つもり

みんなも機種変ってなれば、ちょっとは不安になってネットで調べるだろう。

さとうもみんなと同じようにネットでググって、自分でやれることはやった、つもり。

・ソフトウェアアップデートを確認して最新のバージョンになってることを確かめる。

・いらない古い情報や使わなくなったアプリなどを削除しておく。

・LINEなどの、引き継ぎ手続きをすませておく。

・一応、念のため、バックアップを取っておく。

新しいiPhoneには余裕がいっぱいあった

さとうの古いiPhoneは、容量がめっちゃ少なくて、しょっちゅう「ストレージの空き領域がありません」というアラートが出ていた。

そのたびに写真をパソコンに移したり、要らないテキストを削除したりして、せこいストレージ対策を繰り返していた。

だから新しいiPhoneは少し容量の多めのものを、Appleからオンラインで買ってみた。

だからね、容量不足で失敗したわけではないの。

事前に経験者に話を聞いておいた

何度もこのブログで言ってるけど、さとうはものすごい素人。

ビジュアルに映ってるものだけがすべてだと思い込むくらい、デジタルのことがわかってない。

だから、先にクイックスタートを経験した人に話を聞いておいた。

「隣に並べて置くだけで、済んじゃうよ」

念のため、ググってみたが、同じように説明されていた。

だからさ、さすがにさとうだって「すぐにできちゃうんじゃない?」って思っても不思議はない。

タイミングが悪かったのか?うまくいかなかった

オンラインで買ったiPhoneが届いたので、やってみた。

まず、2つのiPhoneとも充電をしっかりしておく

並べてすぐに、と思ったら、新しい方は最低限しか充電されてないので、まずはしっかり満タンに充電する必要があった。

ネットがつながらなくて契約店に駆け込んだ時に、ついでのように「充電はしっかりしてから臨まれた方がいいんですよ」とアドバイスされた。

クイックじゃねぇっ!

さとう

さとう

アップデートって、いつよ?

さとうが機種変をしようとしていた時期が、ちょうどタイミングよく(悪く?)ソフトウェア・アップデートの時期と重なっていたらしい。

さとうは素人なので、コンピュータにくわしい方々が「アップデートはきちんと、こまめにしておきましょう」とアドバイスされているので、教えを守ってる。

だから古い方のiPhoneはすでにアップデートがすんでいた。

一方、オンラインでAppleから買った新しいiPhoneは、アップデートがすんでいると頭から思い込んでいたので、全然確認も気づかいもしてなかった。

それで並べてすぐに、と思ったら、新しい方はアップデート前だったらしく「ソフトウェア・アップデートをしてください」と警告が画面に出た。

なんだよっ!クイックにできねぇじゃねぇかっ!

さとう

さとう

訳がわからないフリーズ、起こる

ようやく、データ移行の過程に入ったが「あと約1分です」と表示が出てから、長い長い長い………

終わらんなぁ、と思っていたら、なんでか知らないけど「アップルIDを再確認することを推奨します」みたいな言葉が画面に出た。

え?なんで?

と思ったけど、まあ、パスワードを入れるだけねとサクッと進めたら、

さとう

さとう

なんで、設定がフリーズしてるの?

設定の文字がグレーになってタップできなくなった。

こうなると、素人おばさんには手に負えない。

さとうはPCで Apple のサポートにチャットを申し込み、どうすりゃいいのかを聞いた。

結果、もう一回新しい iPhone を初期化してやり直してください、と言われた。

さとう

さとう

だ〜か〜ら〜、設定がフリーズして初期化どころじゃないんだってばよ。全然動かせないの。

チャットの人は、参考にするページをメールで教えてくれた。

家庭のWi-Fiは遅いのかな

チャットが長くなって、結論を言われた時にはひと休み入れたい気分だった。

で、ちょっとコーヒーを飲む。

次に新しいiPhoneを見た時、なぜかはわからないが奇跡的に画面が復活していて設定をタップできた。

さとう

さとう

なんでやねん?Wi-Fiが遅すぎてただけ?それでフリーズ?

しかしこのまま進めるとまたおかしなことになるのでは?と悩む。

アカウントのパスワードを更新してみた

だから、まずはメールで教えてくれたページを、パソコンでよくよく読んだ。

デバイス(さとうの場合は新しいiPhone)が使えなくなっているので、「デバイスを消去できない場合」を参考にする。

リカバリーモードでデータと設定を復元した。

その後、パソコンの方でApple IDのパスワードを新しくしてみた。

ちょっと待ってから新しい方のiPhoneの電源を入れ、 設定 > 一般 > リセット と進み、初期化した。

さとう

さとう

復元、してからの初期化、とかさ、疲れるわ

そしてもう一度最初から「クイックスタート」を試してみたら………やっとうまく移行できた。

まるっと半日、かかったさ。

全然、クイックじゃねぇわ!

インターネットがつながらない

やれやれと安心したのに。

翌日、職場で判明したのは「インターネットに接続できてません」

さとう

さとう

なんですとーっ!

そういえばWi-Fiのマークのところが「3G」となってる!

何が起きてるのか、さっぱりわからん。

というわけで、スマホを契約しているお店に駆けつけた。

そうしたら「APN 設定ができてなかったので」と言われ、店員さんがチャチャっと操作して、ネットがOKになった。

もう、わからないことだらけで、専門家に頼らないと生きていけない。

クイックスタートでデータが移行されたんじゃなかったの?

デジタルを普及させたいのなら

高齢者には手助けを

日本はまだまだ高齢社会が続くと予想される。

デジタルが進むとこ〜んなに便利でムダがはぶける、と政府も民間事業者も学者も旗を振っている。

ならば、うまく使えるようになりたい。

そして、サクサク使えている方々は、頼むから「わかりやすく手助けする」システムを広めてほしい。

キホンのキも知らなくて数十年生きてきた高齢者は、何を聞いたらいいのかもわからないのだ。

何がわからないのかもわからないのだ。

だから、とくに事業としてITやデジタルを扱っている人は、少しでも早く「便利でムダがはぶける」社会へ向かえるよう、工夫をしてほしい。

「詳しくはホームページで」という一言で済ませないで欲しいんだね。

だって、ネットでいろいろ見て読んでも、結局わからなくてお店に行って店員さんに聞かなきゃならないことが、わんさか出てくるの。

クイックスタートなのにクイックに進まないなんて、弱者の視点がちょっと足りないんじゃないかと思ったよ。

それとも、数%の不具合のあった人はそれなりに手当てするから許してね、大多数に照準を合わせないと商売をやっていけないからさ、ってことなのかしらね。

それでもAppleは便利だから好き

日本はSONYを生んだ国なのよ。だからAppleを好きな人もそれなりに多い。

そういう風土をAppleも考えてほしいね。

Appleのチャットのサポートをしてくれた方は優しくて親切だった。

チャットの最後になにか質問はありませんかと聞かれたので「対面でサポートを受けられるとありがたいです。当方、高齢者なので」と希望を伝えておいた。だって本音だもん。

ちなみに、AppleのサポートはAppleのサイトからアクセスできる。

けどチャットになかなかたどり着けない人はこちらのページからどうぞ。こんな事例もあるからね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。