グルメな人は宇宙では大変だね

グルメの話ではありませんが、おいしいものをめざす話かも

中央星域の名家の御曹司のままなら「本物」の「おいしいもの」を好きなだけ食べられただろうに。主人公のお兄さんは辺境に飛ばされちゃって、どうなるのかね?せめてもの慰めは、昔の知り合いに会えたことだが………

1「○○飯」って言葉はどんなイメージ?

ちょっとググると「○○飯」は今、はやっている言葉なんだね。

本屋に行くと「カフェめし」の本、マンガでは「ズボラ飯」のコミックス、NHKでは「サラメシ」て番組、そういえば震災後には「サバメシ」特集もあった。将棋のニュースで「勝負メシ」って報道もあったし。

わかりやすくてインパクトがある言葉よね。見てしまったら「うわ、食べたいじゃん」って気にさせるだろうな、って思うもん。

だから最初、書名を見たときは「なになに?宇宙でのおいしい食事の話かね?」って思った。

「SF飯」ってさ、どんな想像するよ?

SFってさ、あんまり「おいしいご飯」とか「ごちそう」とかのイメージがないの(私はね)
なんだか「料理」というより「食料」というイメージが強いのね。

ソイレント・グリーン」の緑色のクラッカーみたいなものとか、「2001年宇宙の旅」のペースト状のものとか、基本的な食料はそんなもの的なイメージがいつまでも消えない。映画に出てくる「この星のごちそうだぜ」みたいなものも、わたしたちが食べたいと思うごちそうとはずいぶん違って見えるし。

さとう
だからSF飯って何かな〜なんて夢見た。
お料理についての話だと思った。

 

2 SF飯のイメージは

そもそもSFの映画を見るときに食事の内容について注目したことはあまりなかった。

ブレードランナー」で主人公が屋台の親父と二つでいいとか四つにしろとか言ってるな、ぐらいしか記憶にない。何で揉めてたのかもよくわかってない(丼ものの中身だと思うけど)

実際の宇宙食がテレビで紹介されたり店で買えたりしてきて、こういうものが増えて進化していくのよね、と思っていた。

さとう
たぶん、私自身があまり食にこだわりがないんだろうな。栄養のバランスも満足感もそこそこあればまあいいやってな感じなので。

 

だからSF小説を読んでいても、

  • 未来は人口が増えて食糧難になるだろうという前提でSF飯が想像される
  • 宇宙では資源が限られているだろうという前提でSF飯が想像される
  • SFの話を進めるにあたってストーリーが多彩で複雑、しかもガジェット(仕掛けや小道具)を説明するのに労力を割くので食事のことなんかには構っていられないから軽〜く無視

と、この3つにだいたい集約されてるように思う。思うのです。いや、私が知らないだけかもしれないけど。

それに、SFには遺伝子改変による(合成)食料の増産、っていう奥の手があるのね。おいしかろうがおいしくなかろうがとりあえず腹は膨れると。それで問題は解決するのだろうと考えちゃうので、SF飯について熱心にはなれない。

だからこそ、この本はどんな話かなぁ?と興味を持った。

さとう
ある意味、正しく「SFの領域における食事についての話」だったよ。いろいろ制限のある環境で、少しでもおいしくを追求していた。

 

まとめ:本の紹介

「SF飯」とは言ってもどちらかといえば料理よりは食料の話。宇宙の辺境に流れ着いた勘当御曹司が、かつてお屋敷で働いていた少女と大衆食堂を復活させるためにあれこれ苦労するという、辺境の食料事情(特に合成食料)を巻き込んだラノベのように読みやすいお話です。異星人とかサイボーグとかも出てくるけどほのぼのとした感じだった。

ちなみにSF飯2も出ています。ご紹介はこちらで。
シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です