おいしい料理は人を動かす

おいしい料理をめざすので、食べることで人々に喜んでほしい

大衆食堂を再開させるために勘当御曹司は辺境星域で相も変わらず力の抜けた努力を続ける。おいしいと感じる味覚は生身の人間だけのものではなく、だからこそ生身の人間を困った状況にも追い込み………って、御曹司はちゃんと仕事してることになるの?

辺境の料理のパラダイムに向かって突き進む

 

さとう
パラダイムって、ある時代・ある分野における支配的・規範的なものの見方のことなの

 

今回は料亭船でおいしいものを食べるとか、飢えの経験がトラウマになって「まずくて臭い」宇宙鰻を食べるとか、なかなかな食体験について読ませてる。

食は生命を支える根本だけど、辺境なのに「おいしさ」を追求しようとする展開のあたり、やはりほんわかと楽しく前向きだなーとうれしくなる。

「辺境の皆さんはもっと贅沢をしなきゃいけない」なんて、この勘当御曹司でなければ言えない言葉だよねぇ。

 

とてつもない技術も絵的に「目の当たり」

「1」の半年後には「2」が刊行されていたこのシリーズ、小説なのに場面場面が頭の中で絵になって浮かんできてマンガっぽい感じがして読みやすい。

このシリーズにはゲームデザインを手がける著者のほかに設定協力者が付いていた。そのおかげでさくさく読みやすく、イメージのわきやすい流れになっているのだろうと(勝手に)思ったりしている。

小難しいテクノロジーも、表現次第で「絵」として想像できるって助かるなー。理系の理屈が得意じゃないんで絵的に想像できると話にのめりこめるのよ。

さとう
私はゲームをしないからこんなことに改めて感謝ね

iotって言われても「何がどうなること?」って思うけど「スマホで家電がコントロールできる」とか「車載タッチパネルで運転中も操作が楽々」とかって説明されると「なるほど〜〜」って納得する。
それとちょっと似てるかなと思った。

作中たびたび出てくる「ギフト」の存在、これは私流に考えるならけっこう高度なiotなのかな。でもこれは

P to P (Person to Person)  ヒト同士が繋がるインターネット

M 2 M (Machine to Machine) キカイ同士が繋がるインターネット

を超えた、ヒトとキカイがテレパシーで繋がるインターネットのようなものだと、今頃わかってきたわけで。サイバーパンクが流行ったのはずいぶん前だから、やっぱり私は理解が遅いな。

まとめ:本の紹介

「2」は食料というよりはちょっとばかり料理に寄った話になりつつあるね。料理だけではなく、「1」に出てきた〈太母〉の秘密や味覚による知性の目覚めが惑星の運命を左右する今後など、さらに続くのかなぁ〜と期待させる感じも出てきた。そうは言っても勘当御曹司と元・使用人だった少女が食べ物をめぐってドタバタするのは変わらん。

あ、「1」についてはこちらをご覧ください。

シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です