映像作品の原作やノヴェライズはとっつきやすいかも

オススメとネタバレの間

SFに限らずよく話題になるのが、原作を先に読んでから映像作品を見るか、映像作品を観てから原作を読むか、なんですが………皆さんはどっち派?

これ、漫画やアニメだとほぼ論争にはなりません。だって漫画やアニメは紙の本であってもすでに画像なので、例えば実写版の映画を作ったとしても、出来栄えこそ話題にはなりますがだいたいの方はすでに原作をご覧になっているわけです。

ところが小説を映画化などすると(アニメ化でもいいですが)原作をご存じない方でも映画はご覧になるわけで、するとこれが、あらすじを読むどころではないネタバレになるのです。

本屋・書店で読みたいSF本を歩き回って探す」の「3 あとがきで最終的に判断する」で書いた通り、ネタバレになったからって、本で読むSF小説の楽しさが減るわけではありません。むしろ文字での説明だけではなかなかイメージしにくいシステムや論理を「ああ、こういうこと」とわかりやすく(多少、胡散くさく)観せてくれるので、あとで原作を読むときに理解の助け、想像の助けになります。

まあね、「秘密が暴露されたら読む気がしないっ」という方には申し訳ないことですけどね。

なぜネタバレしても面白く読めるのか

1965年に発表された(日本では昭和47年に初版)「デューン 砂の惑星」というSF本を初めて読んだ時、私の想像力にはものすごい限界がありました。

当時、大抵のSF作品は、特殊な専門用語が登場した場合、文章やセリフでの説明がありましたが、この本では説明もなく特殊用語が頻繁に登場するので、巻末に用語集がついてました。

 

さとう
中にはシールドなどという、今となっては多くの人が知っていそうな用語も含まれていた。

 

砂虫、ぐらいなら「まあこんな話に出てくるくらいだからミミズの比ではない」くらいは簡単に想像できました。

でも、協会(ギルド)の宇宙旅行や輸送に関わる突然変異の航宙士(ナビゲーター)はね、映画で観たら「えええっ?!」ってなくらい驚きました。どんな体型に変異しているのか、しかも宇宙船のナビをする生き物である、なんてことは古い翻訳で石ノ森章太郎の表紙絵の本を読んでた若かりし頃、さっぱり絵として頭に浮かんでこなかったのです。

映画を観て「なんじゃこりゃ?こういう生き物の存在も有りか」と一度納得。でも、その後、それならなんでも有りじゃないかしらとも思いました。

クリエイターならゼロから想像できることも、私は素人なので手がかりを頼りに想像します。そこには「私だったらこう考えるかな〜」という自分の好みを加えることができるので、もっと本の中の世界が楽しくなります。

本を読むって、本が主張することをそのまま受け取ることだけが大切なわけではないでしょう。受け取った内容を読んだ本人はどう考えてるの?誰かと話しあえるかな?それとも実行できるかな?良かったからこの本を人に勧めてみる?関係する本をもっと読んでみる?いろいろな「その後」につながっていくと思うのです。

だから映像作品の原作やノヴェライズを読むところからSF本を読むことに慣れていくのもひとつの方法です。苦手を意識せずに読み進めるし「え?映画とちゃうやん?」と驚くところも出てきます。

ネタバレは怖くありません(SFの場合ね)SF本を読むハードルが下がるし、頭の中で自分流にアレンジできて楽しいし、現実でいつか実現するだろかと楽しみに思う部分も残ります。SF本は映像化してないものがたくさんあるので、読む楽しさを知ると自分の好みの世界が広がって面白くなりますよ〜。

シェアしてくださってもいいですよ♡B!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です